よく耳にする照射範囲って何?

脱毛を受ける際に、多くの方が気にすることがあると思います。

それが「照射範囲」についてです。

脱毛を受ける際には、きっとこの言葉を一度は聞くことになると思いますが、実際のところ、この照射範囲とはどのような意味があるのでしょうか?

こちらではその照射範囲について説明したいと思います。

まず、大抵の脱毛サロンや脱毛エステでは、ムダ毛に光を当てて脱毛する、光脱毛、もしくはフラッシュ脱毛を採用しています。

その際に問題となるのが、照射範囲です。

脱毛を受ける際には、この照射範囲が重要だと言われていますが、なぜ重要なのでしょうか?

照射範囲とは、一度の脱毛で光(フラッシュ)やレーザーを当てられる面積の事です。

つまり、この範囲が広ければ広いほど、一回の脱毛にかかる時間は短く、来店回数も少なくなるのです。

たまに見かけるサロンでは、脱毛施術部位を細かく分けている場合がありますが、これは照射範囲が狭いからそのような分類の仕方となっているのです。

脱毛を受ける際には照射範囲が広い方がより良いとされているので、もし気になるようなら脱毛サロンに相談するか、まずは体験で実際に脱毛を受けてみることをおすすめします。

そして照射範囲が広い方が良い理由はもう一つあります。

それが、ムラなく脱毛できるという理由です。

想像してみたらわかると思いますが、一回の脱毛で照射範囲が広かったら、その分脱毛できる範囲も広がりますよね。

なので、何回も機械を当てる必要がなくなるため、ムラができにくいと言われています。

脱毛を受ける際に、「ここはきちんと脱毛できているのに、ここはできていない」なんていうことになったら、それは完璧な脱毛とは言えません。

しかし、照射範囲が広ければ広いほど良いという訳でもなく、広すぎたら今度は端の方が威力が弱くなってしまうなどの問題もあります。

素人が照射範囲のことまで気にして脱毛をするのは難しいと思いますが、施術部位が極端にたくさん分けられている場合は、照射範囲が狭いと見て良いかもしれませんね。